初心者プログラマーの企業選び

「フリーランスという働き方も比較的珍しくなく、とりあえずプログラミングができれば最悪1人でもやっていける」というのが僕が初めプログラマ、エンジニアに抱いていた働き方のイメージでした。しかしながらIT技術者のフリーランスというと要件定義からシステムの保守まで行う必要性があり、まずそもそも所謂プログラマとされる程度の技術力ではやっていけないという事を知りました。ただそれならそれまでは正社員として働くしかないのかと言うとそうでもなく、派遣社員のプログラマとして働いたり、仮に正社員であっても初級プログラマの内は顧客先に常駐して働くことになる場合も多々あります。また、案件が立て込んでおらず、尚且つ良い(何をもって良いとするかは個々に寄るが)常駐先であれば、自社研修時よりも熱心に教えながらプロジェクトに参加させてもらえる場合もあります。自分の場合、初月の自社研修ではvb.net、SQL、c#しか学びませんでしたが、翌月の常駐先案件はJavaの案件でした。Javaに関してはほぼ無知の状態で挑んでもしっかりと教えていただきながら働かせていただきました。大手企業の社内エンジニアというのも良いですが、そうでなくても常駐先で多種の案件に触れながら技術力を固めていくという働き方もありだと思います。医師転職サイトランキング|絶対に登録すべき医師専門転職サイトをご紹介!